プロが教えるSEOの基礎知識

はじめに

今ではWEBサイト運営者、製作者にとっては当たり前となっているSEO(検索エンジン最適化)ですが、いったいいつ頃から始まったのか、まずその歴史について説明します。

インターネットが一般的になってきたのが1990年代で、日本でSEOという言葉が浸透してきたのは2000年台に入ってからです。

たった10年ちょっとの歴史になりますが、当初はホームページを持っている企業や店舗も少なかったため、最初は少しだけSEO対策すれば、競合を抜いて上位表示はそんなに難しいことではありませんでした。

しかし、ホームページの数は莫大な数に増え、ライバルサイトの出現により、簡易なSEOでは上位表示できないよう、検索エンジンのアルゴリズムも改良が重ねられ、ユーザーが求めている情報がよりわかりやすく丁寧に掲載されているWEBサイトが上位表示されるように変わってきました。

当サイトではそんなSEOに関する情報を掲載していきたいと思っています。

ソースコードでseo対策

ホームページの内部にseo対策を行う事は内部対策と呼ばれていますが、この内部対策を行うためには、seo対策について知っている必要があるというのはもちろんですが、ソースコードに関する知識も必要になってきます。

制作に携わった経験がある人であれば、ソースコードにつて把握している場合が多いと思われますが、いきなりseo対策だけを行おうとしている人などの中には、ソースコードはあまり詳しくないという事もあるかと思われます。

これからもseo対策を深めていきたいと考えているのであれば、ソースコードについて学んでいるのもいいかと思われます。ソースコードの知識はseo対策を含むwebの仕事をする人にとって役立つ事が多いでしょう。

seo対策におけるタイトルの重要性について

seo対策においてタイトルの扱いは非常に重要です。時にはこれだけで、検索エンジンでの表示順位が大きく上下することもあります。そのページの内容を最も簡潔に表しているものだと検索エンジンに判断されるので、ページの内容と食い違っていると、それだけで大幅に検索順位が下がることもあります。

seo対策においては非常に重要な役割を果たすということを認識した上で、キーワードを含んだ適切な内容にすることが大切です。コンテンツに気を使うのと同様、タイトルにも時間を使って考えましょう。それだけで効果的なseo対策となるはずです。

ページトップ